記事のすべてのバージョン: [français] [日本語]


2017年10月22日(日)

コンサート 「pas comme les autres」

カンヌ日仏協会主催で、バッソン、フルートとピアノ演奏によるコンサートを開催します。これは、2011年東日本大震災への被災者への追悼の意が込められるコンサートです。

バッソン奏者は、小山清氏、このコンサートは東北、陸前高田市で奇跡的に残った「奇跡の一本松」がご縁で開かれる事になりました。

東北岩手県陸前高田市には、海外沿いに7万本の松の木で覆われた森がありましたが、あの2011年の東日本大震災で、流されてしまいました。その中でたった1本奇跡的に残った「奇跡の1本松」が、この街に希望と再建を象徴するシンボルとなりました。

この災害に直面し、バッソン奏者の小山清氏は、これらのひどい目にあった木々に新しい息吹を与えたいと考え、フランスの老舗楽器製造業であるビュッフェ・クランボン社へバッソンの制作を依頼し、承諾を受けました。

画像をクリックすると、スライドショーが始まります

YoxView thumbnail

震災と福島原発の事件から6年が経った今日、松の木を切って作られたボネを持つ、世界でも珍しい楽器は、この度「Pas Comme les Autres [1]」でその音色を披露してくれます。小山清さんは この機会にはるばる日本から演奏しにやってきてくれます。コンサートの構成は、フルート奏者ピエール・モンティ氏、ピアノはジュリアングエノボウ氏で、カンヌの他、パリとボウンでも演奏会があります。

演奏会は、10月22日日曜日カンヌにて、開場は17時半、会場は salle culturelle des Arlucs, 24/26 avenue des Arlucs, 06150 Cannes La Bocca

入場は無料ですが、スペースに限りがございます。ポスター販売による収益は、小山氏のバッソンが作られた松の木の再植樹の為に送られます。

プログラム

バッソン、フルートとピアノ演奏、前半はフランスの作曲家による楽曲の演奏、後半は日本の作曲家からの演奏

前半

1. ジャック・イベール 「二つの間奏曲」フルート、バッソン、ピアノ 2. クロード・ドビュッシー「シュリンクス」 フルート 3. カミーユ・サン=サエンス 「ソナタ」バッソン、ピアノ 4. ジャンルイプティ「遊びのモデル」フルート、バッソン、ピアノ

後半

5. 宮城道夫「春の海」 フルート、ピアノ 6. 山口博史「Trio d’été」fフルート、バッソン、ピアノ 1. 風/ 2. 竹 / 3. 祭 7. 間宮芳生「稲刈のうた」バッソン、ピアノ 8. 作者不明「無題」バッソンソロ 9. 吉松隆「3つの白い風景」フルート、バッソン、ピアノ



補足

[1] Les propres mots de Mr Koyama

コンタクト
検索

Jean-Claude Baumier, President
Tel : +33 4 93 64 14 52

協会のコンタクト
- francejapon06@free.fr

- Facebook

- XML/RSS

- サイト制作者 Cyrille Varnier RLH


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

アーカイブ